スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目のしまなみ海道

いらっしゃってくださった皆さんどうもありがとうございます。
まべです。

前日にはじめてのしまなみ海道でどれだけ辛い思いしたかを書きました。
そして、それからオラ自身が直接自転車を乗るきっかけになった
2回目のしまなみ海道のことを書きたいと思います。

2回目のしまなみ海道は今年8月の中旬でお盆前でした。

またもや愛媛に訪れたやしおとRの二人。
このときすでにやしおはロードに乗っており、しまなみを走りたいとのことで
わざわざ大阪から愛媛まで来ていました。(ちなみにやしおは今年の5月
にもしまなみに行ってますw)

やしおはオラと一緒に糸山から自分のロードで出発。オラはまたレンタサイクル
を借りて同じく糸山から出発。Rは途中の島で車を降りて今回はウォーキングで
目的地へと向かうとのこと。

前回のしまなみからまたもや一回も自転車に乗っていなかったオラは、
来島海峡大橋のスラロープの時点で今回もハァハァ状態でした・・・w
その点やしおのほうはさすがに前回とは全く違っていて、そのスラロープ
どころか大島に入ってからの坂も道程全てにおいてオラを気遣う余裕
を持っていました。

ま「たった半年ほど乗ってるだけでこんなに違うんやなぁ。
  オラはもうヘロヘロやわ・・・。」

や「そりゃあなぁ。けど、俺もしんどいのはしんどいで。
  けど、まべにあわせて走ってたら随分ゆっくりだから楽ってのはあるw」


去年きたときにはオラと一緒のペースでもへろっへろになってたのに大した
進歩ですw そしてこのときすでに、オラの心の中では密かな闘争心が
燃えつつあるのでした。

大島、伯方島、大三島と途中でソフトクリームを食べながら進んでいったんですが、
実はオラはこのときのしまなみの前にやしおと一つ対策を練っていたんです。
それはズボンの中にタオルを入れておく!
そうなんです1回目のしまなみのときケツが痛くて痛くて仕方がなかったことを踏まえて、
それに対する対策を講じておく必要があると思っていたんです。
このときすでにママチャリをやしおからもらっていて、自転車をちょっと乗ろうとは思って
いましたが、ケツが痛くなるようなサドルに乗ることはそうそうないだろうと思い、パッド
入りのインナーまでは用意するつもりもなく、それならタオルでも入れておけばなんとか
なるんじゃない?と余裕でいました・・・。

二人で多々羅へと到着し、その後のことを尋ねると

ま「車いつ取りに戻るん?結局ずっとオラと一緒に多々羅まできちゃったけどw」
や「とりあえず大山祇神社まで行く。そこでR待ってるはず」
ま「え?ここから車だったんじゃないん?どうなってんの?」

そんな会話をして、道の駅多々羅を後にして大山祇神社へと走りだしました。
当初の予定ではオラがゆっくり多々羅へと一人で走ってる間に、やしおは一足先に多々羅へと向かい、
さらに往復して糸山へと戻り、車でオラとRを迎えに来る予定でした。

前日にも書きましたが、大山祇神社への道のりはかなりの距離が坂になっています。
自転車に乗りなれている人ならばそれほど苦もなく走れるような坂ですけど、
このときのオラは全く乗っていない状態で、さらに道の駅多々羅までの約30kmの道のりで
かなり疲れ果てている状態でした。
そしてタオルを入れて対策を講じていたはずのケツまで、もう痛くてサドルに座るのが困難な
危機的状況に陥っていました。

こんな身体のまま大山祇神社への坂を上りきれるはずもなく、途中自転車を押して歩いて
いました・・・。

このときから始まったやしおの心配とからかい半々の坂道途中での言葉責め。

や「大丈夫か?もう少しあるから頑張れ」
ま「わかった。ただ、しゃべるのがしんどいハァハァハァハァハァ」
や「もう少しや頑張れ。ケツ痛い?やっぱタオルじゃダメかぁニヤニヤ」
ま「いやハァハァもうハァハァケツも痛いけどハァハァしんどいて・・・ハァハァ」

こんな感じで心配してくれる振りをして(実際は心配もしてくれてると思いますが)
しゃべりかけてくるんです。ひたすらハァハァ言いながら自転車を押してるオラにとって
しゃべり返すのも辛くて、エールをおくってくれるのは嬉しいんですけど、こちらが
応答しなけりゃならないときはホントにきつかったです・・・w

ようやく大山祇神社に到着し、大山祇神社から少し離れた飯屋で海鮮丼を食べながら、
この後のことを話しました。

ま「これから後どうすんの?もうオラは多分走れん・・・」
や「いや、まべが思ったより早く走るから結局俺も一緒に来ちまったw
  とりあえず俺はこのまま糸山に自転車で帰る。まべとRはバスで帰れば良いんじゃない」


ということで、飯屋を出てオラとやしおはとりあえず大山祇神社へ行き、オラはしまなみの駅御島で
自転車を乗り捨てて参拝をしてから大山祇神社宝物館を見ることに。
Rはまた歩いて道の駅多々羅に向かうことになりました。

ここでオラの自転車での2回目のしまなみ海道は終わりました。
1回目よりは大分やれたんじゃないかと思いますが、やはり疲労困憊な上にケツが滅茶苦茶
痛かったです。

Rと一緒にバスに乗って馬島から歩いて糸山に戻ってきたのとほぼ同時にやしおも戻ってきました。
オラは大山祇神社までの道のりでヒーヒー言ってるのに、やしおはその後もまた同じ距離走って
帰ってきて、オラより元気そうでした。

ここでまたオラの中で燃えるものが湧き上がり、オラと同じように何年も体動かしてなかった
やしおでもこんなにできるようになるんなら、オラでもやれるんじゃないか?と思うようになりました。
それで自転車に乗ろうという気持ちが高まってきたのがきっかけで自転車に乗ることになったのです。

そしてそれから2ヶ月の間、ママチャリでの奮闘があるんですが、
それはまたいつか書きたいと思います。

↓↓クリックしてもらえると励みになります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

坂でのかわいがり声かけは心配してのことですよ?
今にも死にそうなのでとどめをさそうと心配で声をかけてるんです!!
というわけで今後も続けていきますねー^^

Re: やしお

もっと頑張って、逆にやしおに声かけるくらいになってやる
んだから><

さすがにそれは無理そうだから、せめて声かけられても
普通に応答できるくらいにはなってやる!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。